株式会社アイシップ - 松、発酵、LPSのリーディングカンパニー

お問い合わせ会員専用ページ新規登録はこちら
美と健康に輝く価値ある長寿 <A GOOD LIFE の創造>

株式会社アイシップTOP > アイシップブログ一覧 > 税金あれこれ(所得税)

アイシップブログ詳細

税金あれこれ(所得税)
管理 2017.09.12
本日は管理部がお届けします。

管理部からの前回のブログが住民税に関してでしたので、
今回は所得税についてお話いたします。

所得税とは、個人の所得に対して課税される税金で、
その年の1/1~12/31までの1年間に得た所得に対して計算します。

「翌年の3月15日までに確定申告してください。」とよく耳にした
ことがあると思いますが、これが所得税の申告です。

サラリーマンの方で、「確定申告は今までしたことがない。」と
思われている方も多いと思いますが、給与所得の人は、所得税が
給料から天引きされているのが一般的で、これを源泉徴収といいます。

源泉徴収されている場合、毎年年末に会社が年末調整をして
新たに税金を徴収されたり、還付されたことがあると思います。

この年末調整で計算している内容が確定申告と同じ内容と
なります。

給与所得のみの場合は、これでおしまいで、確定申告の必要は
ありません。

但し、給与所得以外の所得があった場合は、確定申告が必要に
なります。

所得税で給与所得以外の所得は下記9つあります。

①不動産所得   家賃・地代収入
②事業所得    自営業により得る所得
③配当所得    株などの配当
④退職所得    退職金に係る所得
⑤利子所得    公社債や預貯金の利息
⑥譲渡所得    土地・建物、株式などの売却益
⑦山林所得    山林の伐採や譲渡による所得
⑧一時所得    保険などの満期金、懸賞や賞金など
⑨雑所得     上記のいずれにも当てはまらないもの
         国民年金などの給付金、ネットオークションの売却益等

上記9つのうちいずれか(複数の場合も)の所得があった場合は
確定申告が必要になります。

また、給与所得のみの方でも下記のいずれかに当てはまる人は
確定申告を行なう義務があります。

・給与の年間収入が2,000万円を超える人
・2ヶ所以上から給与を受けている人

給与所得のみの方で確定申告する義務はないものの、払いすぎた税金が
戻ってくるなどで、確定申告をした方が良い場合があります。

・年末調整後に子供ができた場合
・年末調整後に結婚した場合
・医療費の支払いが、年間10万円を超えた人
・住宅ローンを組んだ人(初年度のみ確定申告、2年目以降は年末調整)
・寄付をした人、ふるさと納税した人
・災害や盗難で資産に損害を受けた場合
・中途退職して年内に再就職していない人


ビジネス会員のへの毎月のボーナスの支払いで月額12万円を超える場合は、
源泉徴収を行っていますが、この所得は給与所得ではありませんので、
必ず確定申告をお願い致します。


銀座といえばココ、銀座4丁目交差点
(銀座サロンより徒歩約10分)



» 一覧に戻る

ページ上部へ